事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2009-2010 COTY 実行委員会特別賞 MOST ADVANCED TECHNOLOGY i-MiEV

メーカー名:三菱

i-MiEV(アイ・ミーブ、アイミーブ)は、三菱自動車工業が2006年10月に発表し、2009年6月4日に量産製造を開始した電気自動車。大きな蓄電量を持つリチウムイオン二次電池を用いた量産車となっています。

軽自動車である三菱・i の車体に、ガソリンエンジンに代えて永久磁石式交流同期電動機と重量200kgのリチウムイオン二次電池(バッテリー)パックなどMiEV技術や回生ブレーキなどを搭載した同車は、ライバル企業に先駆け三菱自動車が量産化に成功した。
三菱 i-MiEV

受賞理由

高性能リチウムイオンバッテリーを採用し、制御技術を進化させ一般に扱える性能と実用性を持つ世界初のEV量産化に成功したことが評価された。
クルマの未来像のひとつを提示してくれた1台といえる。