事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

信頼できる店舗で購入

事故歴(修復歴)とは何かを知るでは、事故歴(修復歴)とは何かを説明していますが、そこでも書いたように素人が判断するのはものかなり難しいことになります。

そこで次に重要になってくるのが「店舗選び
逆に言うと、店舗選びさえ間違えなければ事故歴のある車を買ってしまうリスクは一気に低くなります。

それでも絶対に「0」にならないのは信頼できると思った店舗でも稀に事故歴のある車が売られてしまうことがあるからです(それだけ事故歴の見分けが難しいことの証左といえます)。

信用できる店舗という基準も非常に曖昧でわかりにくいところもありますが、信用できるかどうかを判断するにはいくつかのポイントがありますので、ひとつの目安に読んでいただけるといいと思います。

社団法人 日本中古自動車販売協会連合会の会員店舗

自動車販売の業界には中古自動車の公正な流通を促進するために「社団法人 日本中古自動車販売協会連合会(JAPAN USED CAR DEALERS ASSOCIATION):通称JU」という団体があります。

JUグループは「JU北海道」「JU東北」「JU関東甲信越」「JU中部」「JU近畿」「JU中四国」「JU九州」の7グループに細分化されていて、登録事業者数は9,787社(2012年3月現在)にも登る大きな団体です。

JUとは?

JU(社団法人 日本中古自動車販売協会連合会)は、全国の中古車販売店からなる業界唯一の社団法人。 公正な流通や消費者利益の保護など業界の健全化を目的に、販売店が集まって立ち上げた団体です。
信頼のお店づくりを目指し、加盟店へ不正販売防止の指導や教育を行なっています。
そのほか中古車にかかる税金軽減の推進や、お客様からの相談受付など、幅広い面でお客様と中古車販売店を支援しています。

JUのサイトで登録事業者を検索することもできますが、街中で「JU」のロゴが入った幟を掲げているところが加盟している店舗だといえます。

こんなやつですね

JUの事業目的

中古自動車販売業の健全な発展を図るため、中古自動車の販売を主たる業とする企業の体制の高度化と中古自動車の公正な流通の促進を推進するとともに、消費者利益の保護、環境の保全、安全の確保等、国の行政施策に協力することにより、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

9,000社以上もあるため、すべてが大丈夫!
と言い切る自信はありませんが、上記のような事業目的を掲げている団体に加盟している店舗であれば、意図的に事故歴がある車を販売しないと考えても問題ないと思いますよ。

中古自動車販売士のいる店舗

この資格もJU(日本中古自動車販売協会連合会)が認定しているため、JUの加盟店以外では存在しないことになりますが、ひとつの基準として捉える意味のあるものだと思います。

中古自動車販売士とは?

「お客様の立場で最適な一台をお届けする」ことを目的として、JUに加盟している店舗の販売員を研修・試験・認定する制度です。 販売員のスキルアップはもちろん、中古車業界全体のレベルアップを図り、全てのお客様に安心してお買い得な車をご購入いただけるようJUが発足させました。
中古自動車販売士の認定は、一定の研修を受講し試験を通過することが必要です。

メーカーやディーラーでも車に詳しい人は沢山いますが、それはあくまでも「自社製品」についてですが、中古自動車販売士はすべてのメーカーの枠に縛られることなく多くの知識を持っていることが特長であり、優位なところになりますね。

なんかJU推しになってしまっていますが、中古車販売業界で唯一の団体ですからある程度は仕方ないかもしれませんね(それでも知らない人は多いと思うので、あえて前面に出しています)。

何気に口コミも大事

JUの存在意義の大きさは確かだと思いますが、JU加盟店が近くにない可能性も少なからずあります。

そんな時に役に立つのが「口コミ」
それも、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアではなくて、ご近所さんの「声」です。

アナログはアナログですけど、中古車のようにそれなり価格が高いものを販売している場合は、ネットの情報よりも地元の情報のほうが正確なことがまだまだあります。特に団塊の世代の方々の情報網とスピード感は侮れないところがあります(予断が多分に入るのでフィルターも必要ですが)。)

ですから、気になる車が置いてある(もしくは取り扱っている)中古車販売店があれば、評判をご近所さんに聞くのも信頼できる店舗を選ぶ上では悪くない方法だと思います。もし気になる店舗がJU加盟店だったとしても聞いて見ることをお勧めします。

この記事が気に入ったらクリックしてもらえると嬉しいです

3つの対策