事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2004年次 RJCカー オブ ザ イヤー RX-8

名称やボディ形状からRX-7(FD3S型)の後継車に思えるが、設計は一新され新規車種として2003年に発売が開始された。搭載されるエンジンも、型式こそ従来と変わらない13B型であるが、ポートやハウジン

マツダ RX-8

2004年次 RJC カー オブ ザイヤーIMPORT(インポート) アウディ A3

2003年に発売。基本的なメカニズム、シャーシやエンジンなどは先代同様、ゴルフV(2003年-)と共有。フロントグリルは、当時のアウディが採用していた「ダブルグリル」の形状であった。 前後のフェンダー

アウディ A3

2004年次 RJC 特別賞ベスト オブ SUV フォルクスワーゲン トゥアレグ

2002年発表・発売開始。 ディーゼルエンジンの2.5L/直列5気筒TDI、3.0L/V型6気筒TDI、5.0L/V型10気筒TDI、ガソリンエンジンの3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒、のラ

VW トゥアレグ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト マーチ

2004年次 RJCカー オブ ザ イヤーにノミネートされたモデルは2002年2月に2度目のフルモデルチェンジが行われた3代目モデルとなります。 コンセプトは変わらず3ドアと5ドアのハッチバックのリッ

日産 マーチ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト アテンザ

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤーにノミネートされたのは、2002年5月20日に新型車として発表された初代モデルとなります。 マツダにとってはトリビュートが発表された2000年10月以来1年

マツダ アテンザ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト フェアレディZ

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤーにノミネートされたのは、2002年7月30日にフルモデルチェンジが行われた5代目(Z33型系)モデルとなります。 ボディタイプは2シータークーペのみで、歴代

日産 フェアレディZ

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤー(国産車) 6ベスト コペン

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤーにノミネートされたのは、2002年6月19日に新型車として発売が開始された初代モデル(フルモデルチェンジは行われず生産終了となったため、この代のみ)。 軽市

ダイハツ コペン

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤー(国産車) 6ベスト アコード

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤーにノミネートされたのは、2002年10月10日にフルモデルチェンジが行われた7代目(CL7/8/9型)モデルとなります。 先代と同様に各地域に異なるモデルを

ホンダ アコード

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト デミオ

2004年次 RJC カー オブ ザ イヤーにノミネートされたのは、2002年8月7日にフルモデルチェンジが行われた2代目(DY系)モデルになります。 初代の「広く実用的なコンパクトカー」としてのコン

マツダ デミオ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト フォルクスワーゲン ポロ

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2001年に本国(ドイツ)で販売開始、日本では2002年5月から販売が開始された4代目(9N型)モデルになります。 1.2リッターから1

フォルクスワーゲン ポロ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト シトロエン C3

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2002年4月にフランス本国で発売。日本国内では同年10月に販売が開始された初代モデルになります。 ルノー・トゥインゴを手掛けたDona

シトロエン C3

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト BMWミニ

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2001年に発表され、日本では2002年3月2日(BMW JAPANが3月2日を「ミニの日」と名づけた)に発売された初代モデル。 なお、

BMW ミニ

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト フォルクスワーゲンパサート W8

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2001年に大幅なマイナーチェンジが行わた5代目の後期モデル(B5.5と称されています)になります。 ボディサイズは姉妹関係のDセグメン

フォルクスワーゲン パサート

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト BMW 318ti

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされた「BMW 318ti」はBMWの3シリーズの中でもコンパクトモデルといわれる、小型ハッチバックになります(E46/5はコンパクトのモデルコード

BMW 318ti

2004年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト メルセデス・ベンツ Eクラス

2004年次 RJCカー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2002年に登場した3代目(W211/S211)モデルとなります。 先代のデザインを踏襲しつつも大胆に傾斜した楕円形の4灯式ヘッドライト

メルセデスベンツ E320CDI

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー フーガ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したフーガは、2004年10月、40年以上の歴史を持つセドリックおよびグロリアの後継車として販売が開始された初代モデルとなります。 型式には6代目以降の

日産 フーガ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー IMPORT(インポート) アウディ A6

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー IMPORT(インポート)を受賞したアウディA6は、2004年7月にフルモデルチェンジが行われた3代目(C6系)モデルとなります。 日本人デザイナー・和田智

アウディ  A6

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー 特別賞 ベスト軽乗用車 R2

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー 特別賞 ベスト軽乗用車を受賞したのは、2003年12月8日に新型車として販売が開始された初代モデルとなります(ただしモデルチェンジをせず生産終了となっている

スバル R2

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト レジェンド

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年10月7日にフルモデルチェンジが行われた、4代目(KB1/2型)モデルになります。 エンジンの大幅な性能向上や、新開発の四輪

ホンダ レジェンド

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト ティーダ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年9月30日から販売が開始された初代モデルととなります。 2004年発表時、既存モデルの後継車としてではなく、全くの新開発車と

日産 ティーダ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト ベリーサ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年6月28日から新型車として販売が開始された初代モデルとなります。 アクセラの発売により廃止されたファミリアとデミオとの中間帯

マツダ ベリーサ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト クラウン

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2003年12月22日にフルモデルチェンジが行われた12代目(S18#型)モデルとなります。 「ゼロクラウン~かつてゴールだったクルマ

トヨタ クラウン

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト BMW 1シリーズ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年にパリサロンで発表。日本では同年10月から販売が開始された初代モデル(E87型)となります。 1シリーズはCセグメントに属し

BMW 1シリーズ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト スマートフォーフォー

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、欧州では2004年4月から、日本では同年9月から販売が開始されたモデルとなります。 日本の小型乗用車・三菱・コルトとは、プラットフォー

スマートフォーフォー

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト フォルクスワーゲン ゴルフ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、ドイツでは2003年から販売が開始された5代目(1K型)モデルとなります。 操安性の向上と内外装や機関の質感の向上、居住空間の拡大、コ

フォルクスワーゲン ゴルフ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ボルボ V50

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年5月に発表されたモデルとなります。 ボルボ・V50はステーションワゴンですが、姉妹車でセダンのS40もプラットフォームが共有

ボルボ V50

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ボルボ S40

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年5月に発表された2代目モデルとなります(初代は1995年にワゴンタイプのボルボ・V40とともに発表)。 ボルボ・S40はセダ

ボルボ S40

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ルノー メガーヌ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2002年にデビュー(日本市場には2003年から導入)した2代目モデルとなります。 ハッチバックモデルの(見る人によってはあたかもやか

ルノー メガーヌ

2006年次 RJC カー オブ ザイヤー スイフト

2006年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2004年11月1日にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルとなります。 スズキの世界戦略車として開発された。基本コンセプトは先代同様低価格

ズズキ スイフト

2006年次 RJC カー オブ ザイヤーIMPORT(インポート) シトロエン C4

2006年次 RJC カー オブ ザイヤーIMPORT(インポート)をのは、2004年9月のパリモーターショーで公開、同年11月発売されたモデルとなります。 クサラの後継車として開発され、PSAグルー

シトロエン C4
1 / 41234