事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー フーガ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したフーガは、2004年10月、40年以上の歴史を持つセドリックおよびグロリアの後継車として販売が開始された初代モデルとなります。 型式には6代目以降の

日産 フーガ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー IMPORT(インポート) アウディ A6

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー IMPORT(インポート)を受賞したアウディA6は、2004年7月にフルモデルチェンジが行われた3代目(C6系)モデルとなります。 日本人デザイナー・和田智

アウディ  A6

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー 特別賞 ベスト軽乗用車 R2

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー 特別賞 ベスト軽乗用車を受賞したのは、2003年12月8日に新型車として販売が開始された初代モデルとなります(ただしモデルチェンジをせず生産終了となっている

スバル R2

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト レジェンド

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年10月7日にフルモデルチェンジが行われた、4代目(KB1/2型)モデルになります。 エンジンの大幅な性能向上や、新開発の四輪

ホンダ レジェンド

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト ティーダ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年9月30日から販売が開始された初代モデルととなります。 2004年発表時、既存モデルの後継車としてではなく、全くの新開発車と

日産 ティーダ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト ベリーサ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年6月28日から新型車として販売が開始された初代モデルとなります。 アクセラの発売により廃止されたファミリアとデミオとの中間帯

マツダ ベリーサ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト クラウン

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2003年12月22日にフルモデルチェンジが行われた12代目(S18#型)モデルとなります。 「ゼロクラウン~かつてゴールだったクルマ

トヨタ クラウン

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト BMW 1シリーズ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年にパリサロンで発表。日本では同年10月から販売が開始された初代モデル(E87型)となります。 1シリーズはCセグメントに属し

BMW 1シリーズ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト スマートフォーフォー

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、欧州では2004年4月から、日本では同年9月から販売が開始されたモデルとなります。 日本の小型乗用車・三菱・コルトとは、プラットフォー

スマートフォーフォー

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト フォルクスワーゲン ゴルフ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、ドイツでは2003年から販売が開始された5代目(1K型)モデルとなります。 操安性の向上と内外装や機関の質感の向上、居住空間の拡大、コ

フォルクスワーゲン ゴルフ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ボルボ V50

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年5月に発表されたモデルとなります。 ボルボ・V50はステーションワゴンですが、姉妹車でセダンのS40もプラットフォームが共有

ボルボ V50

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ボルボ S40

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年5月に発表された2代目モデルとなります(初代は1995年にワゴンタイプのボルボ・V40とともに発表)。 ボルボ・S40はセダ

ボルボ S40

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト ルノー メガーヌ

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2002年にデビュー(日本市場には2003年から導入)した2代目モデルとなります。 ハッチバックモデルの(見る人によってはあたかもやか

ルノー メガーヌ