事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2005年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト ティーダ

メーカー名:日産

2005年次 RJC カー オブ ザイヤーにノミネートされたのは、2004年9月30日から販売が開始された初代モデルととなります。

2004年発表時、既存モデルの後継車としてではなく、全くの新開発車とされていたが、ティーダの登場に前後してサニーやパルサーが廃止されており、実質的にそれらの後継車と考えられる。プラットフォームは、アライアンス関係を結んでいるルノーと共同開発し、すでにマーチやルノー・モデュスなどで使用されていたアライアンス・Bプラットフォームをベースに、ホイールベースを大幅に延長したものが使用されています。

内外装は、日産がティーダに掲げる「SHIFT_ compact quality」のコンセプト通り、従来の小型車のレベルを超えた高い質感を実現している。

インテリアは、同社のモデル、ティアナを手がけたスタッフによるもので、ダッシュボードにはアルミ調パネルをあしらい、シートはティアナと同等の余裕あるサイズのものを採用している[4]。さらに最上級グレードのGシリーズには本革シートが標準装備となり、全体としても高い質感を実現している。

日産 ティーダ