事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2006年次 RJC カー オブ ザイヤー スイフト

メーカー名:スズキ

2006年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2004年11月1日にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルとなります。

スズキの世界戦略車として開発された。基本コンセプトは先代同様低価格をアピールするが、走行性能は格段に高くなった。発売のおよそ2年前という早い時期からショーモデルを公開してデザインを洗練させるなど、内外装の質感も初代と比べて格段に向上した。

従来のスズキの小型車には軽自動車のコンポーネンツを発展させた車種が多かったこともあり、デザインや走行性能よりも低廉な価格や質実剛健な作りに注目が集まりがちであった[6]。2代目スイフトでは大きく方針転換し、登録車専用の新設計プラットフォームを開発。

ズズキ スイフト

受賞理由

プラットフォームから一新することで世界戦略車にふさわしい優れた走行性能と、クラスを超えた居住性を達成。またイモビライザー(盗難防止装置)をはじめ、充実した装備を標準化しながら、リーズナブルな価格を実現したことが評価された。