事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2007年次 RJC カー オブ ザイヤー i

メーカー名:三菱

2007年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞した「三菱 i(アイ)」は、2006年に新型車として販売が開始されたモデルとなります。

近年の軽乗用車としては珍しく、5ドアのボディでありながらエンジンをリア・ミッドシップマウントし、高効率なパッケージングを採りながら、重量配分の最適化により操縦安定性、走行性能を高めている。かつて経営の提携関係にあったダイムラー・クライスラーのスマートの技術ノウハウが活かされていると思われがちだが、プラットフォームは三菱自動車の独自開発である。

エンジンは新規に開発された直列3気筒DOHC12バルブ、可変バルブ機構”MIVEC”付き3B20型。自然吸気、またはインタークーラー付ターボエンジンを搭載する。ターボは低回転域からトルクが発生するようチューンされている。

三菱 i

受賞理由

エンジンを車体後部、後輪車軸の前に置くユニークなミッドシップレイアウトプラットホームの採用により、斬新なスタイリングと居住性および軽快なハンドリングと快適な乗り心地を実現。また、衝突時のエネルギーを効率良く吸収するストレートフレーム構造による全方位での衝突安全性を高い次元で確保したことが評価された。