事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2009年次 RJC カー オブ ザイヤー スズキ ワゴンR

メーカー名:スズキ

2009年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2008年9月25日にフルモデルチェンジが行われた4代目(MH23S型)となります。同じプラットフォームを使いスタイリングを変えたスポーツモデル「ワゴンRスティングレー」も同時に受賞しています。

基本的にはキープコンセプトだが若干路線変更し、いかにもスペース重視の箱型から、スペースとデザインを両立させたスタイリッシュな外観になった。初代から継承されていたCピラー部のクォーターウインドウが廃止され、リアドアの開口幅の拡大によって乗降性を向上させている。

スポーツモデルは、初代から3代目までのRRが廃止されて「スティングレー」に統一された。スティングレーの「TS」には、ワゴンR初となるESP(車両安定装置)がメーカーオプションに設定された。

スズキ ワゴンR

受賞理由

大幅に高められた内外装の質感や車内の静粛性は、もはや登録車に比肩しうる水準。市街地走行では自然吸気モデルも動力性能にまったく不満を感じさせず、ターボモデルならファーストカーとして長距離ドライブにも適応可能な動力性能を有する。CVT採用モデルの拡大により低燃費化を促進させ、グリーン税制適合グレードを充実させるなど、環境への取り組みも万全。生活に密着した道具として完成度を大きく高めたことが評価された。