事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2010年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト スプラッシュ

メーカー名:スズキ

2010年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベストにノミネートされたのは、新型車として開発され2008年3月に欧州で生産・販売開始、2008年10月21日に日本国内で販売開始された初代モデルとなります。

プラットフォームは、2代目スイフトがベースとなっている。2代目スイフトとの比較での車体寸法は、全高以外が一回り小さく、ホイールベースも30mm短い2,360mmである。ベースのスイフトよりも高く短い車体形状は空力面では不利な要素だが、ルーフ後端を下げたり後輪前にストレーキを装備することでベース車と同じCD値0.32を達成している。

元は、欧州での販売をメインに行なっていたが、好調な販売を受け日本国内への投入も決定した[5]が、日本国内の各工場は生産キャパシティに余裕がなく、ハンガリーのマジャールスズキ社から輸入し、スズキ相良工場でPDI後に販売するかたちとなった。

スズキ スプラッシュ