事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2011年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト CR-Z

メーカー名:ホンダ

2011年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベストにノミネートされたのは、2010年2月25日に新型車として発表され翌26日から販売が開始した初代モデルとなります。

CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケージは、CR-Xや初代インサイトを彷彿させるものである。2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、CR-Zは「グリーンマシーン3号」[2]である。ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを装備する。

軽量で高剛性なボディに新構造のフロントピラーや新開発のドアミラーの採用、ボディ下面の整流処理などを行い、ショート&ワイドボディでありながら、2代目インサイトと同等の空力性能を達成。また、欧州や北米など日本国外では比較的ポピュラーなシャークフィンアンテナを、日本国内で販売するホンダ車で初めて採用している。

ホンダ CR-Z