事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2011年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト アルファロメオ・ミト

メーカー名:アルファロメオ

2011年次 RJC カー オブ ザイヤー(インポート)6ベストにノミネートされたのは、2008年(平成20年)6月19日にスフォルツェスコ城で発表会が行われ、日本では2009年5月より販売が開始された初代モデルとなります。

フィアット・グランデプントとプラットフォームを共用し、開発コードはZAR 955と呼ばれていた。 サスペンションは、同じく前:マクファーソンストラット(コイルスプリング)、後:トーションビーム(コイルスプリング) を採用している。

エンジンはすべて直列4気筒で、本国ではガソリンは4種類すべてが16バルブの1.4Lで、自然吸気版が2種類(1.4 16V(78ps)と1.4 16V(95PS))とマルチエア+ターボチャージャー版が2種類(1.4MultiairTB135bhp(135ps)と1.4MultiairTB170bhp(170ps))が設定されている。ディーゼルエンジン全て16バルブ+コモンレール+ターボで、1.3L(1.3JTDM)と1.6L(1.6JTDM)の2種類が用意されている。ちなみにガソリンエンジンの中で1.4MultiairTB170bhp(170ps)は、クワドリフォリオヴェルデ(英国ではクローバーリーフという名称)にのみ搭載されている。

アルファロメオ ミト