事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2012年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベスト デミオ 13-SKYACTIV

メーカー名:マツダ

2012年次 RJC カー オブ ザイヤー(国産車) 6ベストにノミネートされたのは、2007年2月20日にフルモデルチェンジが行われた3代目モデルですが、13-SKYACTIVは2011年6月9日のマイナーチェンジで登場したものなので、正確には3代目の後期モデルとなります。

従来の「13S」に替わり、世界一の高圧縮比を誇るP3-VPS型1.3L直噴エンジン「SKYACTIV-G 1.3」とアイドリングストップ機構「i-Stop」を搭載したことで30.km/L(10・15モード燃費)の低燃費を実現した「13-SKYACTIV」を新設。本グレードではエンジンとCVTを協調制御してトルクを発生させる駆動力制御方式を採用。

少ないアクセル操作で意図した速度を出せるのでなめらかな走行を可能にしたほか、エンジンアンダーカバーやリアルーフスポイラーなどの空力パーツの採用によりCd値0.29を実現し、高速走行時の操舵安定性や燃費向上に寄与。さらに、ドライバーの運転操作とエコドライブをサポートする世界初の「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」も搭載。

マツダ デミオ