事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2012年次 RJC カー オブ ザイヤー リーフ

メーカー名:日産

2012年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2010年12月に日本とアメリカで発売され、2012年に世界で量販される5ドアハッチバック型の電気自動車の初代モデルとなります。

車名の「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化することから車名に選ばれた。しかし、アメリカやドイツなどでは「LEAF」という名が他社によって既に商標登録されていたため、それらの企業と交渉して商標権利を取得し、世界統一名としている。

エンジンではなく電気モーターを搭載することにより、フロント部の体積を小さくすることができ、フロント両サイドを大きくカットしてボンネットをV字型としている。また、フロントウインドウ下部のラインもそれに合わせ大きく弧を描くデザインとしている。

日産 リーフ

受賞理由

ゼロエミッションを可能にしながら、これまでにないドライビングフィールを実現。また、ITの活用とインフラ整備によってEVを身近な存在とし、家庭用電源として利用できるように提案したことなども評価された。