事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2013年次 RJC カー オブ ザイヤー ノート

メーカー名:日産

2013年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2012年9月3日にフルモデルチェンジが行われた、2代目(E12型)モデルとなります。

エンジンは、先代モデルから排気量が減らされ、気筒数も4気筒から3気筒となっている。搭載されるエンジンは1.2L 直3のHR12DE型と、同じく1.2L 直3のエンジンをスーパーチャージャーで過給するダウンサイジングエンジンであるHR12DDR型の2種類が用意される。

先代ノートおよびティーダはBプラットフォームを採用していたが、軽量化のためプラットフォームが1クラス下のプラットフォームに変更された。これにより、約70kgの軽量化に成功している。軽量化のため、パーキングブレーキも足踏み式からレバー式に変更された。また、同時に静的捩り剛性を約10%向上している。

日産 ノート

受賞理由

街中で運転のしやすいコンパクトカーでありながら、空間効率の優れたパッケージングを採用して、室内空間が広がり、大人4名の乗車にも十分に対応できる。エンジンは環境性能に優れた3気筒1.2Lを搭載。上級グレードにはスーパーチャージャーを装着し、高い動力性能を確保した上でJC08モード燃費は24~25.2km/Lを達成した。社会のニーズに適する優れた環境性能、運転のしやすさ、広い車内など、時代の流れに沿ったクルマ造りが高く評価された。