事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2003年販売台数1位 カローラ

2003年のカローラの販売台数は198,904台。 トヨタの代表的な車種で、日本において最も普及した大衆乗用車シリーズの一つである。 当初1100cc級、以後モデルチェンジ毎にサイズが拡大され、120

トヨタ カローラ

2003年販売台数2位 フィット

2003年のフィットの販売台数は182,285台 フィットは2001年6月にロゴの後継車として登場した。優れた走行性能と低燃費の両立そして軽自動車を除くホンダの乗用車では最も小型でありながら広いラゲッ

ホンダ フィット

2003年販売台数3位 ウィッシュ

2003年のウィッシュの販売台数は158,658台。 販売面においては、イプサムが2代目へのフルモデルチェンジで大型化したことによりその後継を担う目的も与えられているが、初代イプサムとはエンジンの排気

トヨタ ウィッシュ

2003年販売台数4位 キューブ

2003年のキューブの販売台数は139,570台。 その名の通り、スペース重視のコンセプトを持った車だが、一般的なミニバンよりもボンネットが際立つユニークなスタイリング。日産の事実上の親会社で、アライ

日産 マーチ

2003年販売台数5位 マーチ

2003年のマーチの販売台数は123,709台。 かつて、トヨタ・スターレットと日本のスモールカー市場の人気を二分していた。日欧両市場での販売を視野に入れており、欧州などいくつかの地域では「マイクラ」

日産 マーチ

2003年販売台数6位 イスト

2003年のイストの販売台数は103,946台。 ヴィッツ(初代)の車台に、15インチのホイールとSUV風の5ドアハッチバックボディを被せたクロスオーバーコンパクトカーである。2001年の東京モーター

トヨタ イスト

2003年販売台数7位 デミオ

2003年のデミオの販売台数は88,170台。 2002年にフルモデルチェンジ。日本国外ではMazda2のネーミングで販売される。欧州での使用状況に合わせ、高速操縦安定性と空力の改善が開発の主眼とされ

マツダ デミオ

2003年販売台数8位 ノア

2003年のノアの販売台数は86,922台。 前身モデル「タウンエース・ノア/ライトエース・ノア」の後輪駆動方式からイプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式に転換して低床化し、スライドドアを後

トヨタ ノア

2003年販売台数9位 アルファード

2003年のアルファードの販売台数は83,529台。 「グランビア」(1995年登場)/「レジアス」(1997年登場)/「ツーリングハイエース」/「グランドハイエース」(共に1999年登場)の統合後継

トヨタ アルファード

2003年販売台数10位 エスティマ

2003年のエスティマの販売台数はyyy台。 2003年モデルは2000年1月6日に発売された2代目。目標月間販売台数はTとL合わせて6,000台。 後に欧州市場向け(プレビア)とオセアニア向け(プレ

トヨタ エスティマ

2003年販売台数11位 ヴィッツ

2003年のヴィッツの販売台数は71,117台。 スターレットの後継車にあたり、欧州などでも生産・販売される世界戦略車の一面をもつ。 1998年、パリサロンで「ヤリス」として出展。日本国内では1999

トヨタ ヴィッツ

2003年販売台数12位 レガシィ

2003年のレガシィの販売台数は65,567台。 開発主管は桂田勝。1998年6月に登場。このモデルチェンジでFF車が廃止され、全グレードが4WDとなった。全幅を1,695mmとし、先代に引き続き5ナ

富士重工 レガシィ

2003年販売台数13位 ステップワゴン

2003年のステップワゴンの販売台数は63,182台。 2003年モデルは2001年にフルモデルチェンジがおこなわれたモデル。 子供中心の家族を想定したキープコンセプトで、外観にも先代モデルの特徴を多

ホンダ ステップワゴン

2003年販売台数14位 コルト

2003年のコルトの販売台数は62,453台。 通称「Zカー」として、三菱自動車とダイムラー・クライスラーによって共同でコンパクトカーの開発が進められた。2002年6月、三菱版Zカーの車名が「コルト」

三菱 コルト

2003年販売台数15位 モビリオ

2003年のモビリオの販売台数は61,334台。 キャパの実質的な後継として、フィットをベースとしたグローバルスモールプラットフォームを使用した7人乗りのコンパクトミニバンである。 ヨーロッパの「ユー

ホンダ モビリオ

2003年販売台数16位 ヴォクシー

2003年のヴォクシーの販売台数は56,343台。 ライトエースノアの後継車種として姉妹車のノアと同時に発売された。ノアとは対照的にスポーティな印象を持つ一方で、ノア同様スライドドアを両側に設けている

トヨタ ヴォクシー

2003年販売台数17位 クラウン

2003年のクラウンの販売台数は56,089台。 トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」のキャッチコピー等にも象徴されるように 一般に高級車として認知されている。 ト

トヨタ クラウン

2003年販売台数18位 セレナ

2003年のセレナの販売台数は47,400台。 日産自動車が販売するミニバン。そのルーツは1969~1970年登場のダットサン・サニーキャブ/日産・チェリーキャブにまで遡る。初代には商用モデルの「カー

日産 セレナ

2003年販売台数19位 ウイングロード

2003年のウィングロードの販売台数は45,708台。 サニーをベースとしたステーションワゴンであり、1996年にそれまでのサニー・カリフォルニアとADバンの乗用仕様であるADワゴンを統合、外板パネル

日産 ウィングロード

2003年販売台数20位 オデッセイ

2003年のオデッセイの販売台数は45,374台。 1994年に初代モデルが発売され、現行型は4代目である。ホンダのクリエイティブ・ムーバー(生活創造車)の第1弾として発売された初代から現在までヒット

ホンダ オデッセイ

2003年販売台数21位 サニー

2003年のサニーの販売台数は44,416台。 サニーは日産の最小排気量クラスを担う主力車種として、高度経済成長期からバブル経済期までのベストセラーカーとなった。日本の大衆車の中でもトヨタ・カローラと

日産 サニー

2003年販売台数22位 プレミオ

2003年のプレミオの販売台数は43,987台。 トヨタの伝統的なセダンコロナの後継車である。 “プレミオ”の名は 最終型のコロナでは“コロナプレミオ”としてサブネームとしていたが、T240型から“コ

トヨタ プレミオ

2003年販売台数23位 アリオン

2003年のアリオンの販売台数は43,878台。 2001年12月25日 – カリーナの後継として市場に投入された。同社のプレミオと基本部分は共通で、若干差別化されている。プレミオが年輩ユ

トヨタ アリオン

2003年販売台数24位 ファンカーゴ

2003年のファンカーゴの販売台数は42,727台。 初代ヴィッツの車台をベースにした、5ドアの背の高いワゴンボディというスタイリングになっている。 同じくヴィッツをベースとするbBとは異なり、当時の

トヨタ ファンカーゴ

2003年販売台数25位 マークⅡ

2003年のマークⅡの販売台数は41,816台。 2003年のモデルのはマークIIとしての最終モデルとなります(110系)。 それまでの4ドアハードトップ型から、クラウン(S170系)と共通シャシの4

トヨタ マークⅡ

2003年販売台数26位 bB

2003年のbBの販売台数は40,820台。 初代ヴィッツとプラットフォームを共有し、エンジンは1300ccと1500ccの2種類が設定された。スタイルは箱型のアメリカンなもので、20歳代の男性をター

トヨタ bB

2003年販売台数27位 ラウム

2003年のラウムの販売台数は38,577台。 コンパクトカーとしては珍しく、左右のリヤドアにスライドドアを採用している。このような車はその外観や形状、大きさから便宜的にハッチバックと呼ばれる場合があ

トヨタ ラウム

2003年販売台数28位 エルグランド

2003年のエルグランドの販売台数は35,865台。 ワンボックス型の高級ミニバン。製造は初代と2代目が日産車体湘南工場、3代目は日産車体九州。 E51型にモデルチェンジ。初代同様にテラノ系のプラット

日産 エルグランド

2003年販売台数29位 ストリーム

2003年のストリームの販売台数は35,438台。 全幅が1.7m未満の5ナンバーサイズの3列シート7人乗りのミニバンとして2000年10月に登場、2006年7月に2代目に引き継がれ、その後2010年

ホンダ ストリーム

2003年販売台数30位 MPV

2003年のMPVの販売台数は34,582台。 MPV(エムピーブイ) はマツダが製造・販売するMPV(Multi Purpose Vehicleの略でミニバンの同義語)型の普通乗用車である。 駆動方

マツダ MPV
1 / 1012345...10...最後 »