事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2004年販売台数8位 イスト

メーカー名:トヨタ

2004年のイストの販売台数は87,923台。

ヴィッツ(初代)の車台に、15インチのホイールとSUV風の5ドアハッチバックボディを被せたクロスオーバーコンパクトカーである。2001年の東京モーターショーで出展され、そのコンセプトカー然としたスタイルをそのままに、翌2002年に市販された。

当初は日本国内専用車であったが、のちに北米でも若者向けのクールブランド「サイオン」で、初代がxAとして、2代目がxDとして、またヨーロッパでも2代目が「アーバンクルーザー」の車名で販売されるようになった。

また、あまり知られていないが、初代イストの受注台数は発表後1ヵ月で約42,000台を記録。これは3代目プリウスがデビューするまでは、トヨタ車としては歴代トップであった。(3代目プリウスの受注台数は、1ヵ月で250,000台)

トヨタ イスト

2004年の改良点など

4月22日:一部改良。
新たに「S”Lエディション・スポーティパッケージ”」を追加。これは既存の「S”Lエディション”」にフロント&リアバンパースポイラー、専用カラードサイドマットガード、15インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)、専用加飾センターメーターを追加装備したスポーティ仕様で、2WD車はサスペンションに専用チューニングを施した。
また、ボディカラーに「グレーマイカメタリック」と特別仕様車「アクアバージョン」の専用設定色だった「ライトアクアメタリックオパール」の2色を追加。オプションにはG-BOOK対応カードボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションIIが設定された。

8月3日:特別仕様車「F”Lエディション・HIDセレクションII”」を発売。2003年6月に発売された特別仕様車のバージョンアップ版で、前回の装備に加え、フロントフォグランプを追加し、ワイヤレスドアロックリモートコントロールのメインキーを2本に変更している。