事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2006年販売台数1位 カローラ

2006年のカローラの販売台数は143,176台。 国内向けの無印カローラ、および各国共通プラットフォームを採用したカローラとしてはこの代で最後となる。プラットフォームやエンジンが一新され「New C

トヨタ カローラ

2006年販売台数2位 ヴィッツ

2006年のヴィッツの販売台数は117,641台。 2006年モデルのヴィッツは2005年2月1日にモデルチェンジした2代目。 プラットフォームを刷新し、ボディサイズが一回り大きくなったほか、衝突安全

トヨタ ヴィッツ

2006年販売台数3位 フィット

2006年のフィットの販売台数は101,793台。 2001年6月にロゴの後継車として登場した。優れた走行性能と低燃費の両立そして軽自動車を除くホンダの乗用車では最も小型でありながら広いラゲッジスペー

ホンダ フィット

2006年販売台数4位 エスティマ

2006年のエスティマの販売台数は95,626台。 2005年の東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表され、市販仕様はこのコンセプトモデルに準じたデザインで2006年1月16日より市販された(追

トヨタ エスティマ

2006年販売台数5位 セレナ

2006年のセレナの販売台数は80,901台。 2005年5月31日にフルモデルチェンジしため、2006年モデルは3代目となります。 SHIFT_ワードは、「SHIFT_capacity 1BOXの可

日産 セレナ

2006年販売台数6位 ステップワゴン

2006年のステップワゴンの販売台数は78,216台。 2005年5月26日にフルモデルチェンジが行われたため、2006年モデルは3代目となります。 2代目までの片側(助手席側)スライドドアや大きな箱

ホンダ ステップワゴン

2006年販売台数7位 ウィッシュ

2006年のウィッシュの販売台数は78,142台。 販売面においては、イプサムが2代目へのフルモデルチェンジで大型化したことによりその後継を担う目的も与えられているが、初代イプサムとはエンジンの排気量

トヨタ ウイッシュ

2006年販売台数8位 ラクティス

2006年のラクティスの販売台数は74,975台。 「思い通りのレスポンス・カッコイイスタイル・かつてない開放感・広大なスペース・低燃費低排出・軽快な走り」をコンセプトに作られた。1.3-1.5Lと小

トヨタ ラクティス

2006年販売台数9位 パッソ

2006年のパッソの販売台数は72,099台。 ダイハツ工業との共同開発による車種で、企画は主にトヨタ、開発と生産は主にダイハツによって行われている。そのため、ダイハツ・ブーンとはバッジエンジニアリン

トヨタ パッソ

2006年販売台数10位 クラウン

2006年のクラウンの販売台数は70,833台。 クラウン(CROWN)とは、トヨタ自動車が1955年以来 製造・販売している乗用車のブランド・車名。 トヨタ自動車を代表する、また、日本を代表する車種

トヨタ クラウン

2006年販売台数11位 ノート

2006年のノートの販売台数は69,863台。 マーチなどにも採用されるBプラットフォームをベースに、ホンダ・フィットの対抗車として開発された。 初代型は、フィットとは異なり、当初は1.5Lエンジンの

日産 ノート

2006年販売台数12位 ティーダ

2006年のティーダの販売台数は69,348台。 2004年発表時、既存モデルの後継車としてではなく、全くの新開発車とされていたが、ティーダの登場に前後してサニーやパルサーが廃止されており、実質的にそ

日産 ティーダ

2006年販売台数13位 アルファード

2006年のアルファードの販売台数は66,199台。 「グランビア」(1995年登場)/「レジアス」(1997年登場)/「ツーリングハイエース」/「グランドハイエース」(共に1999年登場)の統合後継

トヨタ アルファード

2006年販売台数14位 ヴォクシー

2006年のヴォクシーの販売台数は63,546台。 ライトエースノアの後継車種として姉妹車のノアと同時に発売された。ノアとは対照的にスポーティな印象を持つ一方で、ノア同様スライドドアを両側に設けている

トヨタ ヴォクシー

2006年販売台数15位 bB

2006年のbBの販売台数は62,964台。 bB(ビービー)とは、トヨタ自動車で生産(初代モデルのみ)・販売されている小型トールワゴン型乗用車。初代はヴィッツ、2代目はパッソ/ダイハツ・ブーンをベー

トヨタ bB

2006年販売台数16位 デミオ

2006年のデミオの販売台数は60,086台。 デミオ(DEMIO) は、マツダが生産・発売しているハッチバック型コンパクトカーである。初代と2代目はステーションワゴンとして販売されていた。 デミオは

マツダ デミオ

2006年販売台数17位 キューブ

2006年のキューブの販売台数は57,069台。 その名の通り、スペース重視のコンセプトを持った車だが、一般的なミニバンよりもボンネットが際立つユニークなスタイリング。日産の事実上の親会社で、アライア

日産 キューブ

2006年販売台数18位 ノア

2006年のノアの販売台数は54,283台。 前身モデル「タウンエース・ノア/ライトエース・ノア」の後輪駆動方式からイプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式に転換して低床化し、スライドドアを後

トヨタ ノア

2006年販売台数19位 スイフト

2006年のスイフトの販売台数は53,702台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2006年販売台数20位 レガシィ

2006年のレガシィの販売台数は52,108台。 レガシィ(Legacy)は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産する乗用車。同社の看板車種であると共に、アルシオーネSVXの販売終了以降はスバルの

スバル レガシィ

2006年販売台数21位 マーチ

2006年のマーチの販売台数は50,316台。 かつて、トヨタ・スターレットと日本のスモールカー市場の人気を二分していた。日欧両市場での販売を視野に入れており、欧州などいくつかの地域では「マイクラ」

日産 マーチ

2006年販売台数22位 プリウス

2006年のプリウスの販売台数は48,568台。 先代の4ドアセダンからワンモーションスタイルの5ドアハッチバックへと、ボディ形状が大きく変更される(ちなみに、自動車の同一モデルのフルモデルチェンジで

トヨタ プリウス

2006年販売台数23位 マークX

2006年のマークXの販売台数は46,298台。 その名称からも推測できるように、かつて販売されていたミドルサイズセダン「マークII(MARK II)」の後継車種として登場。「マークII」時代から数え

トヨタ マークX

2006年販売台数24位 アイシス

2006年のアイシスの販売台数は45,196台。 左右アシンメトリー(非対称)ボディで、左側通行用に設計されている。月間販売目標は4,000台と発表された。 一般にはトヨタ・ガイアの後継と紹介されるこ

トヨタ アイシス

2006年販売台数25位 オデッセイ

2006年のオデッセイの販売台数は44,986台。 1994年に初代モデルが発売され、現行型は4代目である。ホンダのクリエイティブ・ムーバー(生活創造車)の第1弾として発売された初代から現在までヒット

ホンダ オデッセイ

2006年販売台数26位 ストリーム

2006年のストリームの販売台数は41,131台。 クリエイティブ・ムーバーとして登場したオデッセイの最大の弱点は、都市部や路地で取り回しに苦労する幅広ボディであると言われており、かねてより5ナンバー

ホンダ ストリーム

2006年販売台数27位 ポルテ

2006年のポルテの販売台数は39,935台。 ラウムに続くトヨタのユニバーサルデザイン第2弾となるモデルで、助手席側のドアに大型の電動スライドドアを採用、またフロア高を300mmと低くして乗降性を高

トヨタ ポルテ

2006年販売台数28位 シエンタ

2006年のシエンタの販売台数は38,970台。 2001年デビューのホンダ・モビリオ、同年デビューの日産・キューブキュービックに続くサブコンパクトサイズのミニミニバン。ボディサイズは小型だが3列シー

トヨタ シエンタ

2006年販売台数29位 モビリオ

2006年のモビリオの販売台数は36,249台。 キャパの実質的な後継として、フィットをベースとしたグローバルスモールプラットフォームを使用した7人乗りのコンパクトミニバンである。 ヨーロッパの「ユー

ホンダ モビリオ

2006年販売台数30位 ウイングロード

2006年のウィングロードの販売台数は35,507台。 サニーをベースとしたステーションワゴンであり、1996年にそれまでのサニー・カリフォルニアとADバンの乗用仕様であるADワゴンを統合、外板パネル

日産 ウイングロード