事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2006年販売台数24位 アイシス

メーカー名:トヨタ

2006年のアイシスの販売台数は45,196台。

左右アシンメトリー(非対称)ボディで、左側通行用に設計されている。月間販売目標は4,000台と発表された。

一般にはトヨタ・ガイアの後継と紹介されることが多いが、トヨタでは「ガイアの後継ではなく、全く新規に開発したミニバン」と否定している。同社ラウムで培われたアイデアを随所に取り入れている。

エンジンはDOHCの2000ccの1AZ-FSE(D-4)と1800ccの1ZZ-FEで、駆動型式はFFとアクティブトルクコントロール4WDが用意される。トランスミッションは2000ccは無段変速機のSuper CVT-i、1800ccはSuper ECT(4速AT)で、2000ccの「Platana(プラタナ)」のみ7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを装備する。

ボディサイズは5ナンバーサイズだが、「プラタナ」はエアロパーツと、ブリスターフェンダーが装着されており、わずかに全幅が拡大され1710mmとなる為、3ナンバーとなる。

助手席側にはセンターピラー内蔵ドア「パノラマオープンドア」が採用されており、助手席と後部座席のスライドドアを開けると、ピラーがない広大な開口部が現れるのが特徴。

そのほか特徴的な装備として、前方に障害物があっても、ステアリングの角度で回避可能な場合はアラームが鳴らない、ステアリング感応式のクリアランスセンサーがオプションで用意されている。

また、リアコンビネーションランプはテールゲート部両脇にブレーキランプが付き、姉妹車種のウィッシュ同様でLEDを採用している。なお、バックランプ、ターンシグナルランプはテールゲートとバンパーとの境目の部分に付いている。VSCは4WD車にのみオプション設定されており、2WD車には装備できない。

トヨタ アイシス

2006年の改良点など

8月7日:トヨタ店のチャネル創立60周年を記念し、「L」をベースにトヨタ店のチャネルカラーである「トヨタボルドー」をイメージする専用外板色を設定すると共に、専用シート表皮、ヘッドランプエクステンション、オリジナルキーボックスに加え、本革巻き3本スポークステアリングホイール&シフトノブ、オプティトロンメーター(レオスタッド付)、スライドドアイージークローザーなどを装備した特別仕様車「L”60thスペシャルエディション”」を発売。