事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2007年販売台数14位 クラウン

メーカー名:トヨタ

2007年のクラウンの販売台数は56,455台。

トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」のキャッチコピー等にも象徴されるように 一般に高級車として認知されている。
トヨタ自動車を代表する また、日本を代表する車種の一つであり、その長い歴史を通じ、官公庁などの公用車 企業の社用車としても用いられてきた。
過去にライバルであったセドリック(1960年3月~2004年10月)/グロリア(1959年1月~2004年10月)よりも歴史が長い。 国内市場に重点を置いた車種で、高い信頼性や耐久性から、タクシー ハイヤー、教習車やパトロールカーといった業務用車両や特殊車両として使われることも多い。
シリーズ歴代では8代目(1987年9月 – 1991年10月)の販売台数が これまでで最高である。

現行車種の車体形状は4ドアセダンのみだが、以前には2&4ドアハードトップ、ステーションワゴン、ライトバン、ピックアップも存在した。
ボディスタイルを優先してドアガラスのサッシ(窓枠)を廃した4ドアピラードハードトップが5代目から10代目までクラウンの主流であったが、11代目のS170系以降はハードトップのスタイルを継承しながらもサッシ付のセダンとなる。競合するクラスの輸入車には、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6がある。

2007年モデルは2003年にフルモデルチェンジした12代目となります。

「ゼロクラウン~かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる~」というトヨタのキャッチコピーから、「ゼロクラウン」または「ゼロクラ」と略される。プラットフォーム、エンジン、サスペンションといった主要コンポーネントを全て一新。

プラットフォームは新開発のNプラットホームに、エンジンは長く使われた直列6気筒に代わり、より静音性能、環境性能を高めたV型6気筒のGRエンジンに切り替えられた。変速機は2500ccが5速AT、3000ccはシーケンシャルシフト付の6速ATが搭載された。エクステリアは、低く短いフロントや長いホイールベース、CD値0.27を達成したボディや書の勢いをモチーフにしたサイドビューを特徴とする、スポーティーでとても若々しいものとなり、また欧州車と同じレベルを目指した走行性能も大きな特徴となった。

このモデルで採用されるNプラットフォームはその後、共用化が進み、X120型マークXとS180型クラウン、S180型クラウンマジェスタ、S190型レクサスGSまでホイールベースは同じ2,850mmとなっている。エンブレムの書体も大きく変わり、より流れるような書体となった。月間目標販売台数は、「ロイヤル」と「アスリート」を合わせて5000台。

トヨタ クラウン

2007年の改良点など

特になし