事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2008年販売台数19位 アルファード

メーカー名:トヨタ

2008年のアルファードの販売台数は45,119台。

アルファード (Alphard) はトヨタ自動車が販売する3ナンバーサイズの最上級クラス1.5BOX型ミニバン。製造はトヨタ車体が担当。

2008年5月12日にフルモデルチェンジをしているため、2008年モデルは初代モデル、2代目モデルが混在する年となっています。

ハイエース系連合軍の時代にはエルグランドに大差をつけられていたが、アルファードでは車両価格、燃費、税制面で有利な4気筒・2.4Lエンジンの設定(これはエルグランドが後に2.5Lエンジンを追加設定するきっかけとなった)が功を奏し、ハイエース系連合軍時代の屈辱を晴らすかのような驚異的なセールスで、日本のLクラスミニバン市場において一躍トップに躍り出た。

同クラスではエルグランドと人気を二分しているが、エルグランドが現在の日産車に共通する「モダンリビング」のインテリアや初代から受け継がれたインパクトのある洗練されたエクステリアを持つのに対し、アルファードは木目と革がふんだんに使われた豪華なインテリアと、わかりやすいまでの押し出しの強いエクステリアを持つ。

なお、香港・マカオ・シンガポール・マレーシア・タイなどの日本近隣の左側通行の国には正規輸入されているほか、日本からの並行輸入も目立つ。とくに香港・タイではかなりの台数が走っているほか、香港・マカオの国境からほど近い中国・広東省の広州・珠海・深圳などでも香港・マカオから乗り入れてくるアルファードが少数見受けられる。

トヨタ アルファード

2008年の改良点など

3月:アルファードハイブリッド生産終了。このため、トヨタのミニバンにおけるハイブリッドは、エスティマハイブリッドに引き継がれた。また、アルファードVも生産終了。このため、アルファードシリーズはGのみとなった。

5月12日:約6年ぶりにフルモデルチェンジされた。
シャシは同社3代目エスティマと共通となった。直4・2.4Lの2AZ-FEは継続されたが、V6はエスティマと同じ3.5Lの「2GR-FE」に改められた(前者はCVT、後者は6速ATを新たに採用)。エスティマの上級車種というポジショニングを明確にするためかグレード構成はどちらかというと3.5Lのほうに重きを置かれている。月間目標販売台数は3000台と発表されている。

なお、このモデルより「アルファード」はネーミングから「G」がとれトヨペット店専売となり、ネッツ店向けには新たにヴェルファイアの名称が与えられた。両車の違いはノア/ヴォクシーのようにフロントマスクがそれぞれ専用のものが用意されるなどより明確なものとなった。

また、グレード呼称は同じトヨペット店扱いのマークXやマークXジオ同様、排気量にアルファベットの組み合わせとなっている(例:350S)。先代にあったハイブリッドモデルはフルモデルチェンジ時点では設定されていなかった。

乗車定員は先代に引き続き7人乗りと8人乗りが用意されるが、前者はキャプテンシートとなる。さらに「350G Lパッケージ」と「350S Cパッケージ」にはエグゼクティブパワーシートと呼ばれる上級仕様のキャプテンシートが備わる。