事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2008年販売台数15位 ラクティス

メーカー名:トヨタ

2008年のラクティスの販売台数は51,694台。

ラクティス (Ractis) は、トヨタ自動車の小型トールワゴン。ファンカーゴの後継車種として開発された。ベース車は2代目および3代目ヴィッツである。

2005年10月3日に販売開始されており、マイナーチェンジは行われているもののフルモデルチェンジはまだのため、2008年モデルは初代モデルとなっています。

2代目ヴィッツのプラットフォームを採用しているため、前部衝撃吸収構造に優れる。基本的に前部からの衝撃はバンパリインフォースメント、左右サイドメンバおよび、従来はただの保持部材であったラジエーターサポートをユニット化し強度部材とし、それぞれに衝撃吸収構造を設けて極力エネルギーを吸収する構造になっており、それでも吸収しきれないエネルギーは左右Aピラーを通してルーフ部に逃がすか、サイドメンバからフロントトルクボックスを通じて床下のフロアメンバに逃がすようになっている。

また、万が一衝突でエンジンが後退してもフロントパネルの前部に設けられたリインフォースメント(強度部材)が受け止め、そのエネルギーを両サイドのフロントトルクボックスに逃がす構造となっており、衝突時の生存空間を極限まで残す構造となっている。また、ラジエーターサポートをボルト止めとして交換を容易にしていることも特徴である。後方からの衝突、側面からの衝突に対しても、パネルに強度を持たせるのではなくリアサイドメンバやセンターピラーなど強度部材によって衝撃吸収を行う構造となっているため、損傷波及がしにくく生存空間を極力残す構造になっている。

そのほか、コンパクトカーには珍しい装備として、大径16インチタイヤ(175/60R16)、ゲート付きシフトレバー、本皮巻きステアリング+シフトノブ、クルーズコントロール。トヨタ初の装備として、CVT専用パドルシフト(レクサスIS用と色違い)、サイドターンランプ付きドアミラー。
新開発の装備として、ヴィッツの4倍細かい制御を持つ電動パワステ、アクティブCVTシステム(7速モード付)。評価が分かれるものとして、低いハンドルのその上に望むバノラマビューメーター(オプティトロンメーター)がある。

トヨタ ラクティス

2008年の改良点など

特になし