事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2009年販売台数12位 キューブ

メーカー名:日産

2009年のキューブの販売台数は59,760台。

その名の通り、スペース重視のコンセプトを持った車だが、一般的なミニバンよりもボンネットが際立つユニークなスタイリング。日産の事実上の親会社で、アライアンス関係を結んでいるルノーと共同開発したプラットフォームを使用している(マーチやルノー・モデュスと共用)。

第28回の東京モーターショー(1989年開催)に出品されたコンセプトカー「シャポー」からデザインコンセプトがスタートしており、2代目以降は窓の数、ピラーの位置など、ボディシェルが左右非対称に作られているのが大きな特徴。そのスペース効率からか小型タクシーとして採用されることもある。

車名ロゴは日産共通のフォントであるNE-01ではなく、独自の書体を使用している。

2008年11月19日に2度目のフルモデルチェンジが行われたため、2009年モデルは3代目で、1年を通して販売された初めてのモデルとなります。

従来型(Z11型)のキープコンセプトとしながらも、使い勝手と室内空間の向上を狙って従来のBプラットフォームの改良版が採用された。全長を+160mm、全幅を+25mm、全高を+10mm、ホイールベースを一気に100mm拡大した結果、一回り大きくなったが、それでも日本市場がメインとされるため5ナンバーサイズはキープされている。

日産 キューブ

2009年の改良点など

4月23日:燃費性能を向上。これにより、2WD車(15S/15X/15X Vセレクション/15G)は「平成22年度燃費基準+25%」達成。また、15X Vセレクション/15X FOUR Vセレクションにはバイキセノンヘッドランプの単品オプションを設定。同時に累計生産台数が100万台を突破したことを記念して15X/15X FOURをベースにインテリジェントキー&エンジンイモビライザー、プッシュエンジンスターターを装備した特別仕様車「15X Mセレクション/15X FOUR Mセレクション」を発売。

5月5日:北米市場において2009年モデルのキューブを発売。左ハンドルとなったため、リアの観音開きドアなども日本仕様とは左右対称となった。エンジンは直4 1.8L MR18DE型が搭載され、またCVTに加えて、6速マニュアルトランスミッションも選択可能となった。また、日本仕様におけるライダーに当たるモデル「Krōm」も発売された。

10月20日:「15X」・「15X FOUR」をベースに、日産の新たな本拠地である横浜の海をイメージしたインディゴブルーの内装色を採用するとともに、メッキインナードアハンドル、本革巻3本スポークステアリング、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザーなど、人気の高い装備を施した特別仕様車「15X/15X FOUR インディゴセレクション」を発売(販売開始は11月5日より、2010年3月までの期間限定販売)。