事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2010年販売台数14位 ノア

メーカー名:トヨタ

2010年のノアの販売台数は56,955台。

ノア (NOAH) は、トヨタ自動車が生産・販売している5 – 8人乗りのミニバン型乗用車。

前身モデル「タウンエース・ノア/ライトエース・ノア」の後輪駆動方式からイプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式に転換して低床化し、スライドドアを後席左側だけではなく後席右側にも設け、またエアロパーツ装備が前提となるなど現代的な改良が計られている。スライドドアの窓も開けられ、窓を開けた状態でスライドドアを開けようとすると途中で止まる安全装置がはたらく。

また現行からタウンエース/ライトエースの名が外れ、トヨタカローラ店販売車種が「ノア」(旧タウンエース)、ネッツ店販売車種が「ヴォクシー」(旧ライトエース)と改名している。三角窓状の嵌め込み窓があり、ヴォクシー同様、センターメーターを採用している。なお2代目は香港とマカオでも販売がされている。

2010年モデルは2007年6月27日にフルモデルチェンジが行われた2代目となります。

初代モデルが好評だったため、キープコンセプトでのフルモデルチェンジとなった。プラットフォームは先代のものを改良して引き続き使用し、センターメーターも引き続き採用されている。

また、この2代目には、「バルブマチック」という、新システムを採用したエンジンが初めてSiに搭載された。また、燃費性能も向上され、全車「平成22年度燃費基準+20%」を達成している(現在は全ての2WD車とSiの4WD車は「平成22年度燃費基準+25%」を達成)。ボディーサイズは、基本的に先代と同じく5ナンバーサイズを保っているが、Si, Sはエアロパーツの装着によって全幅が1,720mmに拡大し、3ナンバー車となる。Siにはアイシスに続きトヨタのミニバンとしては2車種目となるパドルシフトが装着される。また、サードシートにはワンタッチで折り畳みから跳ね上げまで出来る世界初の「ワンタッチスペースアップシート」を装備した。

トヨタ ノア

2010年の改良点など

4月27日:マイナーチェンジ。従来は「Si」のみだったバルブマチック付エンジン3ZR-FAE型を全グレードに拡大した他、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを全車に搭載。これにより、全車で「平成22年度燃費基準+25%」を達成し、「Si」以外の4WD車における環境対応車 普及促進税制における自動車取得税・自動車重量税の減税額が50%から75%に引き上げられた。
また、セカンドシートアレンジの変更を行い、7人乗り仕様にはマルチ回転キャプテンシート、8人乗り仕様には6:4分割チップアップシートを新採用した。また、セカンドとサードシートのセンター席にELR付3点式シートベルトとヘッドレストを追加し、安全性を向上。外装もフロント周りやリアコンビネーションランプ、ホイールのデザインを変更した。

6月30日:マイナーチェンジとともに発表されていた自社開発のスポーツコンバージョン仕様「G SPORTS(通称:G’s)」シリーズの販売を開始。「S」・「Si」をベースに、赤ライン仕様の専用アルミホイール・専用アルミペダル・専用スポーツブレーキパッド・専用ローダウンサスペンション・専用フロントグリル&フードモール等を装備し、赤ステッチ&ピアノブラック加飾が施されたインテリアを採用。
また、「Si”G’s Version EDGE”」では「Si”G’s”」の装備に加え、剛性アップパーツと床下空力パーツを追加装備し、卓越した走行安定性・操舵安定性・乗り心地の向上を実現した。なお、「G’s」では、リアに装着されている「VALVE MATIC」エンブレムが「G’s」エンブレムに変更となる。

9月30日:前年に発売されていた「X”Smart Edition”」を再発売。前回の装備内容に加え、メッキインサイドドアハンドル(フロント)、高輝度シルバー塗装ドアスイッチベース&ドアハンドルベゼル(フロント・スライドドア)、運転席・助手席大型バニティミラー(フロント、ランプ付)、6スピーカーを追加すると共に、内装色でブラックかグレージュを選べるようになった。