事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2011年販売台数7位 デミオ

メーカー名:マツダ

2011年のデミオの販売台数は61,736台。

デミオ(DEMIO) は、マツダが生産・発売しているハッチバック型コンパクトカーである。初代と2代目はステーションワゴンとして販売されていた。

デミオは日本国内で使用されている車名で、その他の国ではMazda 2の車名で販売されている。車名はスペイン語で「私の(もの)」を意味する「de Mio」から取られた造語。

2011年モデルは2007年7月5日にフルモデルチェンジされた3代目モデルとなります。

駆動部やプラットフォームのかなりの部分は2代目から引き継いでいるが、初代・2代目の「汎用ミニバン」コンセプトから、欧州市場に軸足を移した一般的なコンパクト・ハッチバックスタイルへと路線転換した。先代はフォード主導で開発されたマツダ・DYプラットフォーム(フォード・B1プラットフォーム)を使ったが、マツダ主導で新しく開発したマツダ・DEプラットフォーム(フォード・B3プラットフォーム)を使い小型化・軽量化を図った。

2代目に比べてやや小型化され、全長が3,885mm、全幅が1,695mm、全高が1,475mm、車両重量が970-1,070kgとなっており、競合車種が軒並みボディサイズの拡大とそれにともなう重量増加路線を取っている中、(全幅こそわずかに大きくなったものの)敢えて小型軽量化を決行した点についても話題を呼んだ。2代目が日本国内のコンパクトクラスとしては大型で、重量も大きくなったことへの反省であるが、欧州車を強く意識したデザイン(特にプジョー・207)や、軽快な走りが人気を呼び、一定の評価を得た。

マツダ デミオ

2011年の改良点など

6月9日:マイナーチェンジ。
従来の「13S」に替わり、世界一の高圧縮比を誇るP3-VPS型1.3L直噴エンジン「SKYACTIV-G 1.3」とアイドリングストップ機構「i-Stop」を搭載したことで30.km/L(10・15モード燃費)の低燃費を実現した「13-SKYACTIV」を新設。本グレードではエンジンとCVTを協調制御してトルクを発生させる駆動力制御方式を採用。

11月21日:「13-SKYACTIV」が、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞する。

11月28日:世界累計生産200万台達成を記念し、「13-SKYACTIV」をベースにブラックにレッドパイピングをあしらった専用シートを採用するとともに、本来はメーカーオプション設定となっているダークティンテッドガラス(リアドア・リアゲート)、アドバンストキーレスエントリー(アンサーバック機能付、リアゲート連動)&スタートシステム&アドバンストキー×2、イモビライザーを装備した特別仕様車「13-SKYACTIV Smart Stylish(スマートスタイリッシュ)」を発売。ボディカラーは専用色の「クリアウォーターブルーメタリック」を含む3色を設定した。

12月1日:「13-SKYACTIV」が、日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーを受賞。

12月5日:「13-SKYACTIV」が、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞を受賞。