事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2012年販売台数7位 ノート

メーカー名:日産

2012年のノートの販売台数は85,330台。

ノート (NOTE) は、日産自動車が製造・販売するハッチバック型の乗用車(欧州では小型ミニバンまたはミニMPVに分類される)。

マーチなどにも採用されるBプラットフォームをベースに、ホンダ・フィットの対抗車として開発された。初代型は、フィットとは異なり、当初は1.5Lエンジンのみが用意され、他の1.5Lクラスの車よりも価格が安く設定されている。
また、2008年10月には1.6Lエンジン搭載グレードも追加された。 ボディデザインはスカイラインをデザインしたチームと同じチームが担当。 日産の世界戦略車に位置付けられている。

2012年8月28日にフルモデルチェンジが行われ、初代E11型ノートおよび初代C11型ティーダの後継車となるが、2012年モデルは初代が販売されていた時期もあるため、初代モデルと2代目モデルが混在する年となっています。

2012年9月3日に初代E11型ノートおよび初代C11型ティーダの後継車として、ノートの車名を継承し、日本市場において販売が開始された。同月21日には日本仕様車の香港市場での販売も開始された。日本・香港市場以外には、E11型ノートが販売されていた欧州市場およびC11型ヴァーサ(ティーダの北米名)が販売されていたアメリカ市場にそれぞれ初代ノート、ヴァーサの後継車として投入される。欧州市場には2013年に投入され、北米および南米市場にはデザインが一部変更されて2代目「ヴァーサ」として投入される予定である。

エンジンは、先代モデルから排気量が減らされ、気筒数も4気筒から3気筒となっている。搭載されるエンジンは1.2L 直3のHR12DE型と、同じく1.2L 直3のエンジンをスーパーチャージャーで過給するダウンサイジングエンジンであるHR12DDR型の2種類が用意される。HR12DDR型はHR12DE型をベースとしつつも、直噴化され、ミラーサイクルが採用されたために、HR12DE型エンジン搭載車よりも燃費性能を向上している。

日産 ノート

2012年の改良点など

7月16日:横浜市の大さん橋で新型グローバルコンパクトカーを世界初公開。その際、日本国内では2代目ノートとして同年9月に発売されることがアナウンスされる。

8月28日:公式発表(同年9月3日販売開始)。

11月13日:2013年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。