事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2012年販売台数1位 プリウス

メーカー名:トヨタ

2012年のプリウスの販売台数は317,675台。

プリウス(Prius) は、トヨタ自動車が1997年に製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車(スプリット方式)である。現在、世界93か国で販売されていて、車名はどの国においてもプリウスを名乗る

2012年モデルは2009年5月18日にフルモデルチェンジ、2011年12月19日にマイナーチェンジが行われた3代目モデルの後期型になります。

生産は当初、愛知県豊田市のトヨタ自動車堤工場および同県刈谷市のトヨタ車体富士松工場の2工場のみにおいて行われた。その後、タイでは日本から輸入すると関税が高くかかり、価格が3倍ほどになってしまうため、2010年11月29日からは同国チャチューンサオ県のトヨタ・モーター・タイランド ゲートウェイ工場での現地生産が開始された。

また、2005年から2009年までにかけてプリウスの2代目モデルを生産していた中国においては、2011年9月に中国政府より製造認可を得て、同年12月19日に吉林省の四川一汽トヨタ自動車長春工場において3代目プリウスの生産が開始された。

2009年12月からは、ZVW30型プリウスをベースとしたプラグインハイブリッドカー、プリウスPHVが官公庁をはじめ『EV・PHVタウン』選定自治体や電力会社などの特定利用者に向けてリース開始され、2012年1月30日には一般ユーザー向けに販売が開始された。日本仕様での名称は「プリウスPHV」であるが、日本国外での名称は「プリウスプラグイン」となる。市販モデルのPHVはマイナーチェンジ後の標準車をベースとする。

3代目モデルのハイブリッドシステムには、全体の9割以上を新開発した「リダクション機能付THS-II」が採用された。エンジンは高速域での燃費向上のために1.5Lの1NZ系から新世代のZR系1.8Lの2ZR-FXE型に変更され、モーターも3JM型に変更された。トヨタ車では初のクーラント用の電動ウォーターポンプによりベルトを廃止することでフリクションロスを低減した。

トヨタ プリウス

2012年の改良点など

1月30日:「プリウスPHV」発売

10月22日:プリウスを一部改良、特別仕様車「S “マイコーデ”」・「S “ツーリングセレクション・マイコーデ”」発売

11月1日:プリウスPHVを一部改良