事故歴のある車を買わない3つの対策

車を購入するときに気をつけるポイントを紹介しています。

2004年販売台数28位 スイフト

2004年のスイフトの販売台数は34,578台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2005年販売台数23位 スイフト

2005年のスイフトの販売台数は50,403台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

ズズキ スイフト

2006年販売台数19位 スイフト

2006年のスイフトの販売台数は53,702台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2007年販売台数17位 スイフト

2007年のスイフトの販売台数は52,937台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2008年販売台数12位 スイフト

2008年のスイフトの販売台数は58,950台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2009年販売台数18位 スイフト

2009年のスイフトの販売台数は46,159台。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型車という事を強調した販売がされたが、2代目(日本国外の

スズキ スイフト

2010年販売台数20位 スイフト

2010年のスイフトの販売台数は44,589台。 スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型

スズキ スイフト

2011年販売台数20位 スイフト

2011年のスイフトの販売台数は31,339台。 スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型

スズキ スイフト

2012年販売台数15位 スイフト

2012年のスイフトの販売台数は43,108台。 スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。 初代(日本国外の市場でいう3代目)はワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用いた廉価な小型

スズキ スイフト

2005-2006 COTY 実行委員会特別賞 Most Fun スイフト

スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。 2004年11月1日のフルモデルチェンジが行われ2代目として、スズキの世界戦略車として開発された。 基本コンセプトは先代同様低価格をアピールするが

スズキ スイフト

2010-2011 COTY 10ベストカー スイフト

スイフト(SWIFT)は、スズキの小型ハッチバック。 2010年8月26日にフルモデルチェンジを発表し、9月18日から販売開始。 「More SWIFT(もっとスイフトに)」という開発時のキーワードか

スズキ スイフト

2006年次 RJC カー オブ ザイヤー スイフト

2006年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2004年11月1日にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルとなります。 スズキの世界戦略車として開発された。基本コンセプトは先代同様低価格

ズズキ スイフト

2011年次 RJC カー オブ ザイヤー スイフト

2011年次 RJC カー オブ ザイヤーを受賞したのは、2010年8月26日にフルモデルチェンジが発表され、9月18日から販売開始された3代目モデルとなります。 「More SWIFT(もっとスイフ

スズキ スイフト